So-net無料ブログ作成
検索選択

ワンダー流変則左玉(6) [将棋(考察:変則左玉)]

 ワンダー流変則左玉に関する考察・実践編。今回は昨日の記事で扱った「逆棒銀型」を試してみました。


 通常の「地下鉄飛車型」は飛角桂香での集中砲火ですが、この「逆棒銀型」はさらに銀が加わって端攻めの破壊力が増しています。相手の囲いが穴熊の場合には、(玉の退路がないので)特に効果的だと思います。本譜では少し逆襲を受けましたが、相手の飛車角が機能しておらず、終始先手ペースの展開でした。尚、指了図からは▽8二同玉▲8三香▽同玉▲7五桂▽7二玉▲9二飛成以下の即詰みがあります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。