So-net無料ブログ作成

ワンダー流変則左玉(8) [将棋(考察:変則左玉)]

 ワンダー流変則左玉に関する考察・実践編。今回は角筋を止めない三間飛車との戦いです。


 9手目で▲4八飛と指してしまったため、序盤の手順が少しおかしなことになりました(汗)。6筋の位はいつ取るべきか悩んだのですが、28手目▽6四歩で位を取れなくなってしまいました。仕方がないので、31手目▲7五歩で7筋の位を確保。銀交換から41手目▲5七銀と打ち直し、47手目▲8九飛と回って指し慣れている高田流左玉の形に。以降は通常の左玉対美濃の戦いでした。
 本譜のように後手が▽4四歩を突かない形では、相手の左銀との関係で、すんなりとは▲5六銀型に出来ないようです。右銀をどう使うかは考えておかなくてはなりません。

 次回からはいよいよ「対局編」に入ります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。