So-net無料ブログ作成
検索選択

ワンダー流変則左玉(10) [将棋(考察:変則左玉)]

 ワンダー流変則左玉に関する考察・対局編。今回は「逆棒銀タイプ」を試してみました。尚、この対局はBくん相手に練習を積む前だったため、私の指し手がかなり怪しいです(汗)。以下はYahoo!将棋での友人との対局です。


 後手が私です。29手目▲4八飛には少し驚きましたが、玉の逃げ道がなくなるので疑問手でしょうか。後手は34手目で布陣が完成。36手目▽1五歩から仕掛けました。43手目の▲6五歩、47手目の▲5八金上あたりが先手の敗着だったと思います。後手としては47手目に▲4六金とぶつけられる手が嫌でした。
 端を突き破り、72手目には先手の飛車を取って後手勝勢だと思いますが、そこからの展開がひどかったです。必勝形のはずなのに寄らない寄らない...。結局は指了図まで指して、先手の時間切れ負けとなりました。
 やはり、見様見真似で新しい戦法を使っては駄目ですね。実戦投入をするのは、ある程度の修練を積んだ後の方が無難です^^;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。