So-net無料ブログ作成

ワンダー流変則左玉(11) [将棋(考察:変則左玉)]

 ワンダー流変則左玉に関する考察・第11回。今回は「地下鉄飛車タイプ」を試してみました。途中までは私の必勝形でしたが、終盤に指し手が乱れてまさかの逆転負け(泣)。勝っていれば快勝譜だっただけに、非常に悔しい試合でした。以下は、Yahoo!将棋での友人との対局です。


 序盤・中盤は思い通りの展開でしたが、終盤の入り口から棋力の差が露呈しました;;。感想戦で指摘を受けたのは97手目。ここは▲8二歩と打ち、以下▽同玉▲7三歩成▽同桂▲7四歩▽8一玉▲7三歩成▽同銀▲5五角▽5四銀▲7三角成▽同金▲7四歩くらいで先手が勝てたようです。▲8二歩や▲5五角は、対局中に「どのタイミングで指そうか」と悩んだ手なのですが、結局は機を逸してしまいました。116手目辺りでも、まだ先手優勢だと思いますが、攻め方を誤って逆転を許すこととなりました。
 負けはしましたが、中盤まで優位に進めることが出来たのは大きな収穫でした。大駒の働きに大きな差が生じていたことも見逃せません。この「ワンダー流変則左玉」戦法は、作戦として十分に機能するようです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。