So-net無料ブログ作成

駒密度(?)の高い局面 [将棋(その他)]

 ワンダー流四間飛車の研究をしていたある日の局面。97手目から。


 98手目~116手目まで、結構長い間駒柱が立っていました。
 少し進んで135手目。

 136手目~140手目まで、今度は3筋に駒柱が完成。流石に2本同時には立ちませんでしたが、この局面は1~3筋の駒の密度が凄いことに。こうなるともう、指していて何が何だかわかりません(汗)。
 尚、先手の囲い(135手目)には「美濃穴熊」という名が付いています。あまり知名度は高くないでしょうか。私にはあまり使う機会がなかった囲いですが、最近はワンダー流四間飛車と組み合わせて使えないかと検討しています。でも...使ってみてわかったことですが、この囲いって思いのほか堅くないんですね^^;。美濃に比べて玉が一路遠くなっているのは利点ですが、穴熊の仲間の中では守備力は低い方だと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。