So-net無料ブログ作成

左玉ライクな右玉 [将棋(その他)]

 高田流左玉の布陣を見て、「変わった陣形だなぁ」「右玉の左右反転型かー」と思う人は多いでしょう。ですが、左玉使いの目から見ると逆のことが起こり得ます。以下は私の研究用対局から。


 角換わりの試合です。この形の場合、大抵は4筋の位を取らせてもらえませんが、この試合では35手目に位を取ることが出来ました。指了図の局面での私の感想は、
「あらら?これって左玉の反転型じゃん。」
 角換わり右玉の試合と考えるとあまり勝てる気がしないのに、左玉の反転型と考えると負ける気がしないのが不思議です(笑)。指了図の局面では形勢はそれほど離れていないと思うのですが、慣れというのは面白いものですね。指了図以降は左玉っぽく指した先手が勝ちました。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

ひょい。

たしかにね~。高田流だと思えば角換わりも指せそうな自信がつきました^^;
それと非定跡党の非定跡リンクのほうに、こちらのHPをリンクさせていただきましたのでご連絡いたします。よろしくお願いします。
by ひょい。 (2008-02-06 20:27) 

ミル・アバランシェ

 コメントありがとうございますー。
リンクの件も御連絡戴きありがとうございます。m(_ _)m
 上の棋譜では3手目▲2六歩でしたが、私は角換わりの将棋はあまり指さないので、本気モードの時には(相手が振り飛車党だとわかっている場合を除き)3手目で▲6六歩と角筋を止めちゃいます^^;。そして、相手の出方に応じて雁木・高田流の二択にしています。
 でも、後手番の場合は角交換を拒否出来ないのが辛いところ。ひょいさんや非定跡党の皆さんのように、筋違い角をマスターしている方々が羨ましいですー。
by ミル・アバランシェ (2008-02-08 05:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。