So-net無料ブログ作成
検索選択

棋力を維持するために(21) [将棋倶楽部24]

 将棋倶楽部24でのFree対局から。友人L氏との第133回戦です。これまでの対戦成績は私の33勝99敗(勝率.250)。この試合に負けると大台に乗ってしまいます。


 振り駒で後手番に。先手の石田流に対して、後手は引き角からの高田流左玉で対抗しました。42手目まで進んで後手の左玉の布陣が完成。ここまで組めれば一安心ですが、後手番のために▽4五歩や▽2四歩~▽2五歩が入っていないのが辛いところです。50手目の角切りからの二枚換えは狙っていた手ですが、本譜は少々急ぎすぎました。この局面、後手は7筋をしっかり守っていますから、先手は動きにくいはずです。左玉側は角切りをいつでも実行出来ますので、▽2四歩~▽2五歩と伸ばして様子を見つつ、先手が(例えば端から)動いてきたタイミングで▽7五角~▽8四銀と指すべきだったと思います。本譜の仕掛けも別段悪いわけではありませんでしたが、仕掛けた後の指し手を誤り、形勢を損ねてしまいました。
 仕掛けのタイミング、仕掛けた後の正しい指し手については、後日時間がある時に改めて扱います。本譜と似たような局面になることは多いですので、対応策はしっかりと研究したいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。