So-net無料ブログ作成
検索選択

ワンダー流変則左玉(12) [将棋(考察:変則左玉)]

 ワンダー流変則左玉に関する考察・第12回。
 この戦法を扱うのは随分と久しぶりです:)。今年1月に集中的にこの戦法を扱った際に、左玉型・地下鉄飛車型・逆棒銀型等のバリエーションを紹介しましたが、見直してみると全部が▲3八金型でした。この▲3八金は高田流左玉にも共通する手で、右辺(2筋)を守るために必要な手です。反面、右辺を攻められない限りは3八金が遊んでしまう可能性があります。
 高田流左玉では「右金をうまく捌くことが重要」と言われています(注:高田流左玉においては、右金を捌くことよりも角を捌くことの方が遥かに重要です)。高田流左玉のような受け主体の戦法ならば、相手の動きを見ながら流れの中で右金を中央に引きつけたり、2・3筋を盛り上げて相手の飛車を圧迫したりと、右金を活用するチャンスがあるでしょう。
 しかし、ワンダー流変則左玉の場合にはそのようなチャンスがありません。ワンダー流変則左玉の方針は『布陣が完成したら相手の玉頭に殺到』ですので、▲3八金と指したらそれっきりです:)。これで勝てるならば▲3八金型で何も問題はないのですが...実際には、こちらの攻撃後に相手から反撃を受けた時などに、自玉の薄さに泣かされることが多いように思います。
 このことを踏まえて、今回は▲3八金に固執しない方針で指した2つの棋譜を紹介します。


 要するに、流れの中で右金を使うチャンスがないならば、初めから▲5八金上と中央に活用すれば良いということです。▲3八金型と違い、2枚の金が自玉の守りについていると非常に心強いです:)。棋譜のコメントにも書きましたが、注意点は以下の2つです。
1.振り飛車側が早々に2筋の歩を伸ばしてきた場合には、▲3八金と上がります。この場合は▲5八金上と指す余地はありません。
2.それ以外の場合。例えば、振り飛車側が6・7筋に戦力を集中(▽6二飛)した場合には、▲5八金上~▲6七金右と玉頭に厚みを築く作戦が有力です。重要なのは右金を動かすタイミングで、(右辺を放棄することになるため)後手の▽2五歩~▽2六歩よりも先手の攻撃の方が早いという確証が必要になります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。