So-net無料ブログ作成

二枚落ち定跡・三種 [将棋(手順考察)]

 先週の飛車落ちに続いて、今週は二枚落ちを扱ってみたいと思います。実際に駒落ちで指す機会などない...というわけでもないようなので:)、復習しておくのも悪くないでしょう。二枚落ちの定跡は以下の三種類です。
1.下手・居飛車バージョンの定跡である『二歩突っ切り
2.下手・振り飛車バージョンの定跡である『銀多伝
3.上手から紛れを求める『5五歩止め
 当初は3回に分けてこのブログで扱おうと考えていたのですが、予定していたほどの分量がないので、1回にまとめて掲載しちゃいます:)。では、行ってみましょうノ。


 二枚落ちの下手の指し方に共通して言えることがあります。
4筋の位を取る=角筋を通して戦う
 角筋を通すことで、上手の金銀二枚を釘付けにすることが出来ます。下手が早々に4筋の位を取らないと、上手に▽4四歩~▽4三金の好形を築かれてしまいます。
攻撃陣を組み立ててから守備陣を整備する
 自陣整備は後回しで良いのです。先に攻撃陣を築き、上手の陣形を制限することが重要です。

 下手で指すならば、「二歩突っ切り」「銀多伝」の両方の定跡を覚える必要はないと思います(私が小学生の頃に覚えたのは「銀多伝」だけでした)。私は特異な形である「銀多伝」の方を選びましたが(小学生の頃からそんな好みだったんかいノ)、どちらかと言えば、攻撃的な「二歩突っ切り」の方が指しやすい気がします。
 「5五歩止め」定跡に対しては、気合いから言って8手目は▲5五同角と取りたいところですが:)、誘いに乗らず▲4八飛とする方が下手としては指しやすそうです。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2016-03-29 21:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。