So-net無料ブログ作成
検索選択

絶版の本を求めて [日常]

 先月、所用のため上京した折に永田町まで足を運んでみました。永田町と言えば日本の政治の中心。『国会議事堂』があるところですが、私の目的地はその隣。


 国立国会図書館には、日本国内で刊行された本は全て保管されています。既に絶版になった本でも閲覧することが出来ます。

 私がここを訪ねるのは約二年ぶりでした。二年前に訪れた際には、既に絶版になっている『高田流新感覚振り飛車破り(2000年、毎コミ刊)』を読むことが出来、「高田流」に関する造詣を深めることが出来ました。全ページをコピーして持って帰りたかったのですが、著作権法の規定で「複写は本全体の半分まで」と決められているため、前半部分(変幻位取り)を諦めて、後半部分(左玉)だけをコピーしたほろ苦い(?)記憶があります。

 まあ、それはともかく。
 今回の目的は...『岐阜戦法』が載っている本の探索です。

 この戦法が載っている本については、あらかじめ調べておきました。
 『将棋新戦法(加藤治郎著、日本経済新聞社)』という本です。この本は全三集で、それぞれ昭和二九年、三一年、三四年に刊行されています。ちなみに本の定価は一五〇円、一七〇円、一八〇円。当時の物価がわかりませんので、安いのか高いのかはわかりませんが:)。

 さて...図書館に入って、閲覧希望を出してから約15分。どうやら私の頼んだ本がカウンターに届いたようです( ̄▽ ̄)。
※国会図書館は、通常の図書館のように自由に本を手に取れるわけではありません。備え付けの端末から閲覧したい本の希望を出すと、職員の方が奥の書庫から本を運んできてくれるシステムです。

 カウンターで本を受け取ると、表紙に見慣れないシールが。

×複写

......。
2冊目、3冊目を見てみると、

×複写』『×複写

............。

私:「あの、この本ってもしかしてコピーを撮れないんですか?」
図書館職員:「ええ、この本は複写禁止ですね。」
私:「......。」
図書館職員:「......。」
私:「...わかりました。頑張って書き写します...(泣)。」

 というわけで、必要な部分だけノートに書き写すことになりました。

 尚、本の内容については、私の予想とは少々異なっていました^^;。扱われている戦法は『腰掛け銀』『横歩取り』『矢倉』『棒銀』『縦歩取り』の5つが中心で、この本ではこれらの戦法における「新手」が主に紹介されていました。また、振り飛車については(当時、指す人が少なかったためか)第三集で少し扱われている程度でした。『岐阜戦法』や『名古屋戦法』など、発想自体が奇抜な戦法も載ってはいましたが、量としては期待していたほど多くはありませんでした。
 ただ、本に掲載されている棋譜が、プロが実際に指したものばかりだったのには驚きました。最近刊行されている奇策の本には、信憑性・実用性が疑わしい戦法も載っていますが:)、この本は全てプロの棋譜。信憑性は抜群ですノ。

 他に用事があったため、図書館に長くは滞在出来ませんでしたが、せっせと鉛筆を動かして5つの戦法の棋譜を書き留めることが出来ました。このブログの中で順次紹介していきたいと思います。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

詰馬戦

国立国会図書館に 『岐阜戦法』 を求めて。。。
しかもコピー禁止の手書き作業で、大変お疲れ様でした;;;
貴重な記事となりそうですので、大変あつかましいですが楽しみに待ってます^^♪

by 詰馬戦 (2008-08-17 00:14) 

ミル・アバランシェ

 『岐阜戦法』については明日・明後日の記事を御覧ください( ̄▽ ̄)~♪
by ミル・アバランシェ (2008-08-17 11:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。