So-net無料ブログ作成
検索選択

高段者の奇策(11) [将棋(考察:奇策全般)]

 今回は将棋倶楽部24での棋譜ではありませんが、興味深い棋譜を見つけたので紹介いたします。2003年に行われた銀河戦の中の一試合です。
※ここでは棋譜の一部だけを紹介します。最初~最後まで通して御覧になりたい方は、銀河戦の公式ページを参照してください。


 後手陣は現代感覚とはかけ離れた布陣です:)。「堅さ」はないものの、3・4筋に位を張って大きく陣地を取り、「広さ」と「バランス」に優れた形になっています。『高田流』のバリエーションには、急戦タイプの「変幻位取り」と持久戦タイプの「左玉」がありますが...本譜のように三段玉にする構想は画期的ですね。私には思いつかないアイデアでした。私も実戦で試してみようかなぁ。
 本譜は先手が銀冠に組んだのを逆手に取って、後手は2筋から攻めました。先手の▲2六歩~▲2七銀が入らなかった場合に、後手がどこに争点を求めたのかは興味が湧くところです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。