So-net無料ブログ作成
検索選択

復帰戦(2) [将棋倶楽部24]

 Free対局@将棋倶楽部24。8月分からです。


 Ag氏が観戦していたときの試合です。同じ相手と二局指しました。
・一局目。先手の角交換型振り飛車穴熊に対して,変則左玉で応戦しました。
 1級~5級クラスの相手には,1つの戦法をとことん磨いているという印象を受けることがあります。いわば「一本の刀の切れ味を磨く」タイプです。一方,私は「如何に相手の土俵外で戦うか」を念頭に序盤戦術を考える変則型。いわば「相手が切ったことのない素材」で勝負するタイプです:)。本譜は私の作戦勝ちでした。相手の隙をついて馬を作り,後は徹底的に押さえ込む展開に。穴熊の姿焼きを作ることが出来ました。
・二局目。再び角交換型振り飛車との戦い。
 今度は早めに3・4筋の位を取られて,理想的な左玉に組めない苦しい形になりました。連戦の相手に続けて同じ戦法を使ったのは,私の作戦ミスでした。終始苦しい展開で敗色濃厚でしたが,やけくそで放った一手(112手目▽4六角)への応手を相手が間違えたために,勝ちが転がり込んできました^^;。諦めなくて良かったです( ̄▽ ̄)。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

上り馬

おはようございます。
~記録を作ることより、記憶に残る棋譜を作る~
ミルさんの将棋に取り組まれる姿勢がブレて無く
安心いたしました^^
しかし・・・1年ぐらいあけてこの内容とは。。。
おそるべし、将棋感覚;;;

by 上り馬 (2010-08-08 07:40) 

ミル・アバランシェ

 ( ̄▽ ̄)どもどもノ
枝葉として使っていた戦法はもうほとんど覚えていないのですが,
根幹として使っていた戦法は忘れないものですね。
このクラスが相手でも,自分が意外に戦えるのでびっくりでした^^;。
by ミル・アバランシェ (2010-08-08 16:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。