So-net無料ブログ作成
検索選択

復帰戦(3) [将棋倶楽部24]

 Free対局@将棋倶楽部24。8月分からです。


 簡単に見ていきます。
・一局目。対居飛車戦だったので,雁木右玉で応戦しました。布陣の完成が遅れて速攻を許しましたが,何とか受けきって反撃に。終盤は囲いの薄さ故に悲観していましたが,最後にうまく技がかかりました。尚,局後にBくんにざっと見てもらったところ,対局中に感じたほどには形勢は悪くなかったようです。
・二局目。三間飛車に対して高田流左玉で応戦しました。変則左玉の方が使い勝手が良い面もあるのですが,高田流の方が本来の私の主戦です。でも,やはり受け身になってしまうのが辛いところですね。本譜も相手の攻撃を受け止めてから反撃に転じました。
・三局目。どういうわけか三間飛車を採用。いろいろ忘れていたために,序盤~中盤は滅茶苦茶でしたが,終盤は地力の差が出た格好になりました。

 対居飛車戦は苦戦することが多いです。三間飛車をうまく使えるようになれば,雁木と雁木右玉だけに頼らなくても済むようになるのですが。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

尚武帝 なお

3局目くらいが私の主戦場ですから、コメントを一言。
ちょっと弱弱穴熊でしたね。先手は6五の銀が浮いているので使えないかなーなんて思ってましたが、そんな必要もなかったですね。桂角交換でも飛車がそっぽで手番が先手。しかも桂馬に香車と歩があれば穴熊を倒せるという良い見本でした^^ありがとうございました。
by 尚武帝 なお (2010-08-12 22:39) 

ミル・アバランシェ

 コメントありがとうございます。( ̄▽ ̄)ノ

おっしゃるとおり,左銀を使い損ないました。_| ̄|○
この銀をうまく使えれば,もっと楽に行くはずなのですが。

私はたまーに飛車を振りますが,美濃囲いは安心感があっていいですね。
左玉や右玉と違って,空中分解するおそれがないのが嬉しいです:)。
by ミル・アバランシェ (2010-08-12 23:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。