So-net無料ブログ作成
検索選択

再・リハビリ対局(13)×3 [将棋倶楽部24]

 Free対局@将棋倶楽部24。8/28(Thu.)分です。この日は4勝2敗...ミスもありましたが、段々と感覚が戻ってきている印象もあります。以下に掲載するのは、6試合中3局分の棋譜です。


 いつものように、順番にざっと見ていきます。
・一局目(未掲載)。「対振り金開き戦法」対中飛車。比較的うまく飛車を8筋に転回することが出来て、「さあ、これからっ」というところで、相手の時間が切れました。形勢は微妙だったと思います。
・二局目(未掲載)。「対振り金開き戦法」対四間飛車。振り飛車側の銀冠に対して、理想的な攻撃陣を築いたものの、攻め急いで自滅。無理に攻め続けてみましたが、やはり駒が足りませんでした。
・三局目。「糸谷流右玉」対中飛車。相手の攻めが遅かったので、こちらから動いてみました。端からの仕掛けが成功し、意気揚々と攻めていたところで、うっかり角をタダで取られるハプニング><。しかし、相手のまずい受けもあって、ごり押しに成功。ミスが無ければもっと楽に勝てたはずですが、随分と縺れました。
・四局目(未掲載)。「高田流左玉」対三間飛車。相手を甘く見て、囲いが完成する前に戦いを起こしてしまい、振り飛車側の捌きを封じられず。龍を作られてどうしようもなくなり、やむなく投了。
・五局目。「雁木右玉」対居飛車。相手の攻めを丁寧に受けて銀得。さらに桂得が確定したところで相手は投了。んー...毎回こんなに楽なら良いのになぁ。
・六局目。「風車右玉」対片矢倉。いつも雁木右玉では芸風が狭いので、久しぶりに別の持ち技を使ってみました。相手のミスを的確に捉えて、飛車・香車をタダで入手。以降は危なげなく勝ち。

 うわっ、右玉ばっかりですね^^;。
久しぶりに試した「風車右玉」をうまく使えたのは嬉しいですが、私はレート戦ならば「雁木右玉」の方を使用しますので、風車の出番はあまりありません^^;。それよりも問題は「雁木」です...今のままでは怖くて使えません><。どうにかしないとなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再・リハビリ対局(12)×3 [将棋倶楽部24]

 Free対局@将棋倶楽部24。今回は8/26(Tue.)分を掲載しておきます。この日は4局指して3勝1敗。負けた1局は無惨でしたが;;、勝った3局は内容的にもまあまあだったと思います:)。


 順番に見ていきます。
・一局目は「雁木右玉」対矢倉戦。相手が矢倉なら通常の雁木の方が良さそうですが、最近は雁木の扱いに自信がないんですよねー。終盤にまたもや即詰みを逃しましたが、何とか勝ち。
・二局目(未掲載)は「雁木」対矢倉戦だったと思います。悪い予感が的中して、雁木の扱いに失敗。受け間違って押し込まれ、やむなく投了。うぅぅ...。
・三局目も「雁木右玉」対矢倉戦。前局の失敗があるので、雁木ではなく、信頼性の高い雁木右玉の方を採用しました。あまり読まずに仕掛けましたが、何とか攻めが繋がって勝ち。
・四局目は「高田流左玉」対四間飛車。本気で戦わないと勝てなさそうな相手だったので、本気で戦いました:)。結果は気分良く勝利( ̄▽ ̄)~♪。「左玉対振り飛車」の戦いはL氏にかなり鍛えてもらいましたからねー。多少感覚が鈍っても、級位者にはそうそう負けませんよーノ。

 んー...やはり問題は対居飛車戦ですか。雁木の精度をどうにか上げないと、雁木右玉一本で戦うことになるんですよね...。雁木三手角を正しく使えるようになれば、もう少し選択の幅が広くなりそうなのですが。
nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再・リハビリ対局(11)×4 [将棋倶楽部24]

 暫く将棋を指していなかったのですが、8月下旬になって漸く時間が取れましたので、かるーく指してみました。大した棋譜はないので四局一遍に行きます。


 背景に意味深な鶏さん(白色レグホーン)がいますが、角交換型四間飛車穴熊の棋譜は1つもありません:)。まあ、それはともかくノ。順番に見ていきます。

・一局目は『岐阜戦法』を志向。ただ、完全に指し方を忘れていました。終始優勢に進めたつもりですが、最後まで決定打を欠くことになりました。感覚が随分と鈍っていますねぇ。
・二局目は『雁木』対棒銀。早々に角を捌く指し方を採用してみました。私は棒銀に対しては向かい飛車で迎撃する場合が多いのですが、本譜のような指し方も面白いですね。機会があれば、また試してみようと思います。
・三局目は『糸谷流右玉』での戦い。端角中飛車に対しては、私は慌てず騒がず糸谷流で応戦することにしています。局面を収めてしまえば、通常の「中飛車対糸谷流」の戦いと大きな違いはありませんし。本譜は端の処理を誤りましたが、私以上に相手側にミスがあって逆転勝ち。
・四局目は『三間飛車』を採用。終始押され気味でしたが、終盤に逆転。指了図以降は▲5七金と受けても、▽4九銀くらいで後手の詰めろが続きそうです。

 多少感覚が鈍っても、このクラスでは滅多に負けないようですが、内容自体はひどいものです。『数手先を読めない』というのはこういう状況を言うのでしょうねー。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再・リハビリ対局(10) [将棋倶楽部24]

 将棋倶楽部24でのFree対局から。リハビリの日々は続きます。


 私は雁木右玉に左美濃で対抗された経験が(意外にも)あまりありません。その上、相手から全く動いてこないと言うのもほとんど経験がありません。本譜は二重の意味で未知の戦いになりました。
 通常、相手からの仕掛けが遅い時には3・4筋を盛り上げていくのですが、この場合は後手の5四銀の存在が大きいので動きづらいです。中央で取っ掛かりを作れそうにないので、仕方なく端から動いてみました。あまり経験のない攻め方でしたが、一応はうまくいった感じです。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再・リハビリ対局(9)×2 [将棋倶楽部24]

 先日Yahoo!将棋にて、友人Ag氏(24の四段)との会話から。
私:「最近、早指しだと全然手が読めないんすよー」
Ag氏:「本来の棋力より低いクラスに長くいると、自分の指し手も周りと同じレベルになりますよ?」
私:「がーん!!...ま、マジですか!?」
Ag氏:「うむー、厳しい手を指さなくなるんじゃないかなぁ」
※会話の字句は異なりますが、内容的には大体こんな感じ。:)

 このAg氏の発言はかなり衝撃的でした。
そ、そうなのか...私はこのレベルで指してはいけなかったのか...。この階級はすごく気楽に指せるので、結構居心地が良かったのですが(* ̄▽ ̄)且~~、お茶を片手にくつろぐのはもう少し上がってからにすべきだったようです...。
 というわけで、6月下旬以降、対戦相手のレベルを「8~12級」から「6~10級」に上げてみました。「もっと上げなくちゃ駄目ー」とか言われそうですが:)。以下の棋譜は将棋倶楽部24のFree対局のものです。


 一局目・二局目ともに雁木右玉を採用しました。どういうわけか▽4四歩を突かない相手が多いため、雁木の採用を見送っています。一局目は後手の無理攻めを咎めて逆襲。二局目は後手の隙を突いて押さえ込み。2局とも右玉らしい展開で、悪いわけではないのですが...昔はもっと楽に勝っていた気がします(笑)。このクラスなら「昔取った杵柄」で何とかなるようですが、今の状態では上級タブやその上では通用しそうにありません...。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再・リハビリ対局(8)×3 [将棋倶楽部24]

 いつもの如く、将棋倶楽部24でのFree対局からです。
6月中旬に指した分の棋譜がまだ余っていたので:)、今回は3つ一遍にUploadしてみます。


・一局目。気分で三間飛車に振った試合。中盤の捌きで何だかおかしなことになりましたが、玉形が大差だったので攻め続けて勝ち。但し、11手詰みを読み切れず。
・二局目&三局目。石田流模様の先手に対して、「山本流石田封じ」を志向した試合。しかし、狙いが外れてよくわからない乱戦に;;。二局目はどーでもいいですが:)、三局目は序盤のリードを徐々に拡大出来た、良い展開でした。

 三間飛車にせよ山本流にせよ、実際に使ってみると中途半端にしか覚えていないことがよくわかります。うーん...復習しなくちゃいけない戦法がいっぱいありますねー。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再・リハビリ対局(7) [将棋倶楽部24]

 将棋倶楽部24でのFree対局から。今回はなんと駒落ち戦です( ̄△ ̄)。
駒落ちと言っても私が上手(うわて)ではありません。どういうわけか5級の人から「自分の二枚落ちで勝負ノ」という挑戦が来たのです。いやはや...ここまで嘗められたのは久しぶりです^^;。いくら棋力低下中の身とは言っても...本気モードで指せば、平手でも負ける気がしないのですが:)。


 こんな無礼な相手に負けるわけにはいきません(笑)。当然こちらが勝ったのですが、気持ちが空回りしてしまったのか、相手に入玉されて冷や汗をかく羽目になりました...(泣)。普段は駒落ちで指す機会はありませんが、二枚落ちの定跡くらいは覚えておいて損はないのかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再・リハビリ対局(6) [将棋倶楽部24]

 将棋倶楽部24でのFree対局から。今回は対居飛車戦です( ̄△ ̄)。
いつも通りに雁木や右玉で対応しても良かったのですが、その場の気分で私の方が振ってみました:)。久しぶりに「錆刀四間飛車」を使おうと思ったのですが...使っていない間に見事に錆びついていました;;。手順を全然覚えていないぞぉぉ。


 この戦法は自玉が薄いので、本譜のような中盤の指し方では後手が不利になると思います。本譜では先手の緩手に助けられましたが、本来はもう少ししっかりと居飛車側を押さえ込まなくてはなりません。切れ味の良い「錆びた刀」に戻すべく、復習が必要ですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再・リハビリ対局(5) [将棋倶楽部24]

 将棋倶楽部24でのFree対局から。今回も対振り飛車戦です( ̄▽ ̄)。
例によって「対振り飛車金開き戦法」を採用しました。左玉や対振り右玉で戦うのは大人気ないですし、かといって相手の研究手順(=定跡手順)で指すのも面白くありません。程良く攻撃的で変則的な戦法はないかな...と考えると、思い浮かぶのが「対振り中住まい」「相振り中住まい」くらいなんですよねー。...別に玉が薄い戦法ばかり選んでいるわけではないですよ?:)


 中盤の指し回しは比較的うまくいった感じでしょうか。未だに端の正しい破り方を身につけていないのが困りものですが:)。相手によって端の受け方がいろいろありますからねー...。終盤のお粗末さは相変わらずなようです;;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再・リハビリ対局(4) [将棋倶楽部24]

 将棋倶楽部24でのFree対局から。今回は対振り飛車戦です( ̄▽ ̄)。
Free対局で私が多用している戦法は、(このブログでも何度か棋譜を取り上げている)「対振り飛車金開き戦法」です。この戦法...構想にやや無理があると思うのですが、咎め方を知っている人があまりいないようで、相手が8級位ですと面白いように仕掛けが成功します。


 まだまだ早指しに挑戦するのは時期尚早でした。指し手のミスが多発しています。相手の時間切れでこちらの勝ちとなりましたが、中盤はこちらの方が不利だった印象があります。いつ▽2五香と打たれるか、ヒヤヒヤしていました。^^;
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。