So-net無料ブログ作成
検索選択
将棋(手順考察) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

左玉を使いこなす(2) [将棋(手順考察)]

 高田流左玉の復習・第2回。前回の変化を扱います。
 尚、前回と今回で扱っている左玉の指し方は、高田流本来の指し方とは若干異なるものです。高田流の基本となる指し方・狙い筋は「ポカ将棋道場」の『5七銀・6七銀の戦陣』の中で触れられていますので、ここで改めて書く必要はないでしょう:)。


 この棋譜の指了図を見た時に私が感じたのは、「後手の攻撃を押さえ込んで先手が優勢だろうとは思うけど...先手はここからどうまとめるのだろう?」ということです。先手は居玉のままですし、ここから右に囲っても守りは金二枚のみ。何より自陣に隙が多く、大駒の交換になれば打ち込まれて劣勢になりそうです。
 棋書によれば指了図は「先手大優勢」だそうですが、私の棋力ではとてもそうは思えません。では、先手はここからどのように進めれば勝てるのでしょうか。続きは次回の講釈で。
nice!(1)  コメント(4) 

左玉を使いこなす(1) [将棋(手順考察)]

 今回から暫くの間は「高田流左玉」を扱います。左玉は私が主戦としている戦法の1つですが、使用を控えている間にすっかりと感覚を忘れてしまいました。いろいろな戦法に挑戦するのは楽しいことですが、それはあくまで主戦とする戦法をしっかりと確立した上でのこと。得意戦法が疎かになっては本末転倒です:)。
 というわけで、とりあえずは左玉の組み方・狙いの復習からしてみましょう。


 高田流左玉について最も詳しく説明されている本は、発案者本人の著書である「高田流新感覚振り飛車破り」(毎コミ刊)だと思いますが、残念ながらこの本は既に絶版となっています。復刻版が出てくれることを期待していますが...現実的には難しいでしょうか;;。左玉を専門に扱った本はもう出ないかもしれませんが、対振り飛車用の戦法の1つとして左玉について触れている本ならば、既に何冊か出版されているようです。上の棋譜の出典である「我が道を行く定跡の裏街道」(毎コミ刊)もその1つです。
nice!(0)  コメント(2) 

対潜石田流(4) [将棋(手順考察)]

 「楠本流」の復習・第4回。今回がこのテーマを扱う最終回です。
 今回は居飛車側が▲5六銀に▽4四歩と応じない場合の対応の仕方です。尚、下の棋譜ではこれまでと異なり、楠本流側が後手番になっています。


 私は穴熊を使いませんので穴熊党の気持ちはわかりません。▲6六歩と突く人の方が多い印象がありますが、穴熊と対する側としては、▲6六歩よりも▲6六銀と指される方が嫌だろうと思います。本譜は玉のこびんに拠点を作られて一見苦しい展開ですが、その拠点を奪い返しに行く術がちゃんと用意されています。これで▲6六銀型も怖くないでしょう。:)
nice!(0)  コメント(2) 

対潜石田流(3) [将棋(手順考察)]

 「楠本流」の復習・第3回。このテーマは後1回で終わります。来月の題材はまだ決めていませんが、既に目標回数を超えた以上は「更新しない」という選択もあるところ。実際、書く内容に困ったら「書かない」という選択をするつもりです:)。
 さて、今回扱うのは居飛車側が▽6四歩と突いた形に対する戦い方です。前回に扱った局面と違い、比較的実戦で遭遇しやすい局面だと思います。


 似た局面は私にも経験がありますが、本譜のようにうまくは捌けませんでした。後半の華麗な捌きは(私にはレベルが高すぎるので)置いておくとして、▲6六飛と寄り、9筋から手を作る指し方は是非覚えておきたいところです。
nice!(0)  コメント(0) 

対潜石田流(2) [将棋(手順考察)]

 「楠本流」の復習・第2回です。
 先日、三間党の友人L氏に「楠本流を使ったことってありますか?」と尋ねたところ、あっさりと「ない」と言われました。「使える局面がない」との理由です。これはある意味で正しい意見です。前回の棋譜の中で触れたように、▲6五銀を阻止されない限りは「かなけんシステム」の仕掛けが成立するからです。つまり、楠本流を「使える局面がない」というよりは「使う必要がない」のです。(▲6五銀を阻止すべく)▽6四銀と上がられた時こそ楠本流の出番ですが、実戦で▽6四銀と指してくる相手はほとんどいないようです。
 ...何だか寂しい話になりましたが、それでも楠本流の勉強をするのがマイナー戦法を愛する者の心意気というものです:)。気を取り直していきましょうノ。


 棋書でこの手順を見直した際に私が感じたことは、「この捌き方は私には真似出来ないだろう」ということです。本来は雁木高田流左玉を主戦とする私にとっては、飛車というのは決して捌く駒ではありません(捌いたら負けます)。それ故、私は振り飛車流の捌きを身につけていないのです。
 一気に戦法の難易度が上がった感がありますが...実戦でこのような局面になった経験は私にはありませんので、頻出局面ではないのかもしれません:)。そう信じたいところです。
nice!(0)  コメント(0) 

対潜石田流(1) [将棋(手順考察)]

 先月に何度か「楠本流」を指してみました。このブログにも2つほど棋譜を載せましたが(08/03/1508/03/25)、私が指してみて感じたのは「本筋の手順以外を覚えてない」ということです:)。それ故、復習する意味で仕舞ってあった本を見直してみることにしました。
 「楠本流」が掲載されている本は私の知る限り2冊。「真・石田伝説」と「新版 奇襲大全」です(どちらも毎コミ刊)。私が所持しているのは前者だけですが、後者についても図書館で借りて読んだことがあります。では、まずは楠本流の本筋の復習から。


 これは楠本流が最もうまくいったパターンです。飛車を捌いて、自分だけ桂馬を取り、馬を引きつける。ここまで出来れば理想的です。楠本流の変則的な美濃囲いを見慣れている人は少ないでしょうから、他の非定跡な戦法と同様に相手を戸惑わせる効果もあるでしょう。
 この棋譜のような狙いを覚えておくことは重要ですが、実戦でこれほど楽々な展開になることはあまりないと思います。居飛車側の様々な応対への指し回しは次回以降に3回に渡って扱います。尚、もう記事は書き終わっていますので:)、1週間おきに公開していく予定です。
nice!(0)  コメント(0) 

馬上の王将 [将棋(手順考察)]

 将棋倶楽部24での観戦から。高段者同士の一戦です。序盤で作戦負けをした先手が一方的に攻められていますが...流石は高段者、ここから粘りを見せてくれます。


 先手の陣形はまさに騎馬戦(笑)。3枚の桂で玉頭をカバーし、先手玉は意外にもなかなか寄らないようです。ただ、やはり形勢にはかなりの差があったようで、先手の頑張りも及ばず160手で後手の勝ちとなりました。
nice!(0)  コメント(0) 

5筋位取り左美濃(2) [将棋(手順考察)]

 5筋位取り左美濃の中盤~終盤に関する検討。今回は振り飛車側が玉頭にアヤを求めてきた場合の対応の仕方です。


 玉頭攻めは厄介で、私が先手ならば潰されることが多いのですが...流石はBくん、うまく凌ぎきっています。後手にとっても玉頭は弱点ですので、タイミング良くカウンターを決める感じでしょうか。
nice!(0) 

5筋位取り左美濃(1) [将棋(手順考察)]

 今回は5筋位取り左美濃の中盤~終盤について検討します。


 ▲7九角に▽2二飛と回られない場合は、飛角交換承知で仕掛けて良いというのが私の考えです。相手の二枚飛車の攻めは怖いのですが、横からの攻めに対する天守閣美濃の防御力は大したものです。尤も、この布陣は横からではなく上から攻められるとかなり大変になります。それについては次回の講釈で。
nice!(0) 

咎める手順を御存知ですか? [将棋(手順考察)]

 ずっと午前中に更新してきましたが、たまには午後に更新してみます。
 変わった棋譜を見つけましたので掲載しておきます。詳細は知りませんが、プロ棋士同士の対局だそうです。


 5手目▲2四歩を咎める手順です。一般には14手目▽3五角で後手優勢と言われているようです(あまり詳しくは知りません^^;)。それにしても、この▲2四歩を実際に指した棋士がいたというのは凄い話ですね。先手は勝算があったのでしょうか?
nice!(0) 
前の10件 | 次の10件 将棋(手順考察) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。